はぶろぐ

冷たいものがしみる、小さい穴があいている(2)

金属インレー修復

 

コンポジットレジン(歯科用プラスティック)では耐久性がたりない大きなむしばには、むしばを削って型取りし、石膏模型を作って金属のインレーを作り、セメントで接着します。

 

s-pd-inlay.jpg

 

 

 

(イメージ図)

金銀パラジウム合金(保険適応)インレー

 

 

 

 

 

 

 

利点は強い咬合力にも耐久できる強さがある、保険適用がある、治療は2回で終了。

欠点は銀色で見た目が悪い、金属アレルギーなど皮膚疾患の原因となる可能性がある。

 

特に下の歯の少し手前の方は、口をあける度に銀色がキラッと見えてなんだかイヤ・・・。

そんな方には、ハイブリッドセラミックスインレーがおすすめです。

 

1ページ目へ

3ページ目へ

 


このページの先頭へ