はぶろぐ

冷たいものがしみる、小さい穴があいている(3)

ハイブリッドセラミックスインレー

 

ハイブリッドセラミックスは金属のような強さとセラミックのような美しさをもっているので、コンポジットレジンが使用できない大きさのむしばの治療に使用されます。

むしばを削って型取りし、石膏模型を作ってインレー(つめもの)を作り、セメントで接着します。

 

s-hc-inlay.jpg

 

 

(イメージ図)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

利点は歯と同じような色なので、見た目がよい、耐久性がある、金属アレルギーの原因にならない、治療は2回で終了。

欠点は経年的に、歯とインレーの間がお茶やたばこなどで着色し、茶褐色の線が生じる可能性がある、保険適用がない。

(自費治療:1本 15,000円)

 

vita-shade.jpg

 

 

色の種類

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、院長自身も、小学生の時に治療した金属のつめものが気になって、このハイブリッドインレーをいれています。見た目はとても自然で、咬みこごちも良く、トラブルもなく、とても良いものなので、皆さんにも是非おすすめしたいです。銀色が気になる方はご相談ください。

 

1ページ目へ

2ページ目へ

 

 

このページの先頭へ