はぶろぐ

抜歯

s-toothext.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むしばの細菌が根の治療では治らないほどのダメージを根に与えている場合、歯が骨内で割れてしまった場合、歯周病で歯の周りの骨が無くなってしまった場合、残念ですが、抜歯が必要です。

このような歯を残しておくと、骨の炎症で顔が腫れたり、重症な場合、首の方まで腫れたり脳や胸部に炎症が波及することもあり大変危険です。

抜歯は炎症が軽減し、体調の良い時に行われます。

病気やアレルギーがある方は、歯を抜いた後、血が止まりにくかったり、治りが悪かったり、薬を選ぶ必要がありますので、必ず申し出てください。

 

s-eihikannsi.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抜歯に使用される器具はオートクレーブにて滅菌され、滅菌パック内で清潔に保管されておりますのでご安心ください。

このページの先頭へ